日本語サイトトップ > CSRへの取組み > 社会に果たすべき責任とともに

蘇州市に桜の苗木八十八本を寄贈
2004年4月16日に開催された「蘇州市長諮詢会」において、蘇州市が将来に向かって発展していくことを祈念して桜の苗木八十八本を寄贈しました。この桜の苗木は広大な索山公園(蘇州高新区)に植樹され、記念碑が設置されました。

クリーン活動
狭山事業所では、埼玉県と狭山市が推進している環境保全活動(彩の国ロードサポート活動、入間川クリーン活動、川の国応援団美化活動等)に積極的に参加しています。また、狭山市とISO14001の認証取得企業が中心となって推進している狭山市環境ISO連絡会のメンバーとして地域貢献に努めています。

工場緑化活動
古川NDKは2005年9月、「第24回工場緑化推進全国大会」において、これまでの積極的な工場緑化に対する功績が認められ、平成17年度緑化優良工場「日本緑化センター会長賞」を受賞しました。剪定された枝を焼却せず、乾燥・粉砕ののち、木の根元に撒くなど、温暖化対策にも配慮した保全活動を行ってい ます。
阿波踊り部「でんぱ連」の活動
阿波踊り部「でんぱ連」は、敬老会・特別養護老人ホーム・幼稚園を訪問して阿波踊りを披露。また、毎年開催される狭山市主催の入間川七夕祭り「市民阿波踊り大会」に参加するなど、地域社会に根付いた活動を行っています。
NDKまつり
毎年、狭山事業所で開催している「NDKまつり」には、地元の関係者をはじめ民謡会やタイコの会を招待するなど、地域の人々とのコミュニケーションを図っています。こうした地域社会と一体となった行事は、他のグループ会社でも同様に行われています。
子どもひなん所110番の家の登録
狭山事業所では地域の子ども達が危険に遭遇したり、困りごとがあるとき安心して立ち寄れる民間協力の拠点として、「子ども110番の家」に登録しています。
献血
狭山事業所では年に2回、団体献血を実施しています。
平成24年には日本赤十字社 献血功労章として所長感謝状を授与されました。
本の寄贈
狭山事業所では従業員より寄贈された不要本を社内で再利用しています。
また、不要本の売却も行いその費用で狭山市立中央図書館に本を寄贈しています。