日本語サイトトップ > 製品技術情報 > アプリケーションノート > クロック用水晶発振器

クロック用水晶発振器(NZ3225Sシリーズ)

鉛フリーはんだ付け条件例(赤外線ソルダリング)

●はんだ付け条件
条件によっては、製品の特性の劣化を招く場合がありますので、下記条件にてご使用下さい。
 *260℃以下10秒以内または230℃以下60秒以内のいずれか。
●衝撃性
衝撃に強く設計されておりますが、誤って製品が落下した際は、再測定(発振チェック)をして下さい。
●洗浄
超音波洗浄は可能ですが、条件によって振動子が共振破壊される可能性がありますので、ご使用される前には、必ず貴社にてご確認下さい。
●その他
 ・CMOSを使用しておりますので、静電気に対しては通常のCMOSIC同様十分な御注意をお願い致します。
 ・#2端子(GND)はグランド端子ですので、#4端子(VCC)と間違って逆電圧を加えると内部破壊を起こすことがありますので、端子接続は確実に行って下さい。


パッケージ表示方法

出力周波数の表示は、スペースの関係上、小数点を含め6桁となります。
[例]28.63636MHz → 28.636    32.768kHz → 32k