NDK 日本電波工業株式会社

 

サイト内検索

 

[PDF ]

NX2016SF (通信機器向け)

特長

水晶振動子とサーミスタ 一体型の構造です。

  • 水晶振動子と一体化することで、回路設計に於けるスペースの省略化を実現しました。
    (従来は水晶振動子と温度センサを同一ボード上に搭載)
  • 同一気密室内に水晶片と温度センサー(サーミスタ)を搭載し、より水晶片に近い 温度を検出可能です。
    これにより、従来の水晶振動子に比べ周波数温度補正を改善しています。
  • 小型・低背(2016サイズ、高さ0.65mm、max)
  • 表面実装対応品です。(リフローソルダリング対応可能)
  • 鉛フリーはんだのリフロー・プロファイルに対応します。

NX2016SF外観写真

  • RoHS compliant
  • Pb Free
 

仕様

公称周波数 (MHz) 19.2 ≤ F ≤ 52
パッケージサイズ (L×W×H : mm) 2.0×1.6×0.65
オーバトーン次数 Fundamental
周波数許容偏差 (+25±3°C) ±10×10-6
周波数温度特性 (+32°Cの値に対して) ±12×10-6
動作温度範囲  /  保存温度範囲   (°C) -30 to +85  /  -40 to +105
等価直列抵抗 (Ω) Max. 80 (19.2 ≤ F < 24MHz)
Max. 60 (24 ≤ F ≤ 52MHz)
励振レベル (µW) 10 (Max. 100)
負荷容量 (pF) 7
仕様番号 STD-CTZ-1

温度センサ(サーミスタ)仕様

抵抗値(R25) 100kΩ±1%
B定数(R25-50) 4250K±1%

掲載しております標準仕様品のお問い合わせ・ご発注の際には、「形名」「周波数」及び「仕様番号」をお知らせください。
それ以外の仕様をご要望の場合は、別途お問い合わせください。

外形寸法

NX2016SF 外形寸法

アプリケーションノート

概要発振回路使用上の注意表面実装(SMD)製品の形名についてテーピング梱包について仕様の決め方  

 


 

Copyright© 1997- NIHON DEMPA KOGYO CO., LTD.