NDK 日本電波工業株式会社

 

サイト内検索

 

[PDF ]

NP5032SB (固定通信用)

特長

  • 差動出力SPXO
  • 小型品:5.0×3.2×1.2mm
  • 電源電圧:+2.5V or +3.3V
  • LVDS出力仕様
  • 低位相ジッタ(Typ. 0.13ps @148.5MHz)

NP5032SB外観写真

  • RoHS compliant
  • Pb Free
 

仕様

形名
NP5032SB
出力仕様 LVDS
公称周波数範囲 100 to 170
パッケージサイズ (L×W×H : mm) 5.0×3.2×1.2
総合周波数許容偏差 (*1) Max. ±25×10-6 Max. ±50×10-6 Max. ±100×10-6
動作温度範囲   (°C) 0 to +70 0 to +85 -40 to +85
保存温度範囲   (°C) 55 to +125
電源電圧 [VCC] (V) +2.5±5 %, +3.3±10 %
消費電流 動作時 (mA) Max. 40(STAND-BY=VCC or OPEN, RL=100Ω)
スタンバイ時 (µA) Max. 30(STAND-BY=GND)
出力電圧 (V) VOD1, VOD2 : 0.247 ~ 0.454 V ( 差動出力電圧)
ΔVOD : Max. 50mV (出力電圧変動)
VOS1, VOS2 : 1.125 ~ 1.375V (オフセット電圧、DC 特性)
ΔVOS : Max. 50mV(オフセット電圧変動)
立上り/立下り時間(ns) Max. 1 (波形の20 ~ 80%)
波形シンメトリ (%) 45 to 55 (波形の50%にて)
出力負荷(Ω) 100 (差動出力間)
位相ジッタ (ps) Max. 1(オフセット周波数:12kHz ~ 20MHz)

*1. 総合周波数許容偏差は初期偏差、周波数温度特性、周波数電源変動特性を含む。

掲載しております標準仕様品のお問い合わせ・ご発注の際には、「形名」「周波数」及び「仕様番号」をお知らせください。
それ以外の仕様をご要望の場合は、別途お問い合わせください。

仕様番号一覧
総合周波数許容偏差
Max. ±25×10-6
Max. ±50×10-6
Max. ±100×10-6
電源電圧 +2.5±5% NSC5107A NSC5107B NSC5107C
+3.3±10% NSC5108A NSC5108B NSC5108C

外形寸法

NP532SB 外形寸法

出力波形

NP5032SB出力波形

アプリケーションノート

概要使用上の注意テーピング梱包について製品の形名について

 


 

Copyright© 1997- NIHON DEMPA KOGYO CO., LTD.