NDK 日本電波工業株式会社

 

サイト内検索

 

[PDF ]

NV13M09WN (固定通信向け)

特長

  • ガラスエポキシ基板をベースとし、金属カバーを組み合わせたSMD発振器です。
  • 周波数範囲 : 75 to 800MHz 広い周波数帯をカバーしています。(PECL)
  • 低ジッタ : 1ps以内
  • 基本波振動子を使用しています。(210MHz以上は逓倍型)
  • イネーブル / ディセーブル機能の有無を選択できます。
  • 低電源電圧 : 3.3V

NV13M09WN外観写真

  • RoHS compliant
  • Pb Free
 

仕様

公称周波数 (MHz) 75 ≤ F <800
パッケージサイズ (L×W×H : mm) 13.8 × 9.2 × 2.8
電源電圧 [VCC](V) +3.3 ± 10 %
制御電圧 [Vcont](V) +1.65 ± 1.5V
消費電流 (mA) Max.65
出力電圧 VOH : Min. VCC-1.02 V , VOL : Max. VCC-1.60 V
波形シンメトリ (%) 45 to 55 (at 50 % Vout)
立ち上り時間 / 立ち下り時間 Max. 1ns(20% to 80%)
出力負荷条件(PECL) 50Ω(VCC-2.0 V)
動作温度範囲  /  保存温度範囲   (°C) -40 to +85  /  -55 to +125
総合周波数許容偏差(*1) Max. ±50×10-6
周波数可変範囲 Min. ±100 × 10-6
周波数変化極性 Positive
周波数変調偏移の直線性 Max. 5%
入力インピーダンス Min. 100kΩ
位相ジッタ Max. 1ps (12kHz to 20MHz)

*1. 総合周波数許容偏差には、周波数温度特性、周波数許容偏差、周波数対電源電圧変動特性、周波数対負荷変動特性、長期周波数安定度(1年)を含みます。
*本製品を実装した後の基板を上下反転してのリフローはしないようご注意ください。
(製品本体またはカバーが脱落する可能性があります。)

外形寸法

NV13M09WN 外形寸法

仕様番号

掲載しております標準仕様品のお問い合わせ・ご発注の際には、ご要求の「形名」、「周波数」、及び以下の表より、「仕様番号」をお知らせください。 それ以外の仕様をご要望の場合には、別途お問い合わせください。

周波数 (MHz) イネーブル / ディセーブル機能
なし あり
100 106.25 122.88 125 NSA3529A NSA3529C
155.52 156.25 160 167.3316
184.32 200
245.76 320 368.64 491.52 NSA3529B NSA3529D
622.08 640 644.5313 666.5143
669.3266 672.1627 693.483 696.4215
698.8123 764.4203 777.6 792.0087
794.728 800

アプリケーションノート

概要使用上の注意製品の形名について

 


 

Copyright© 1997- NIHON DEMPA KOGYO CO., LTD.