NDK 日本電波工業株式会社

 

サイト内検索

 

[PDF ]

NV5032S[ ] (固定通信向け)

特長

  • 広周波数範囲に対応 (15~2100MHz (設定分解能:2×10-9))
  • 周波数選択機能をDual、Quad、Any Rateから選択可能
  • 低ジッタ特性:Typ. 130fs rms (@622.08MHz)
  • 5種類の出力形式対応:CMOS、LVPECL、LVDS、CML、HCSL
  • 低電源電圧対応:+1.8V, +2.5V, +3.3V
  • 周波数可変範囲選択可能 : Min. ±50×10-6~±250×10-6で9段階

NV5032S外観写真

  • RoHS compliant
  • Pb Free
 

仕様

形名
NV5032S[ ]
周波数選択機能 Single (選択機能無し)
Dual (2周波数から選択)
Quad (4周波数から選択)
Any Rate (I2Cによる任意周波数設定可)
公称周波数範囲 [f] (MHz) 15 ≤ f ≤ 2100
15 ≤ f ≤ 2100 15 ≤ f ≤ 2100 15 ≤ f ≤ 2100 15 ≤ f ≤ 700 15 ≤ f ≤ 200
パッケージサイズ (L×W×H : mm) 5.0×3.2×1.2
出力仕様 LVPECL LVDS CML HCSL CMOS
消費電流 (mA) Max. 95 Max. 85 Max. 80 Max. 100 Max. 85
出力負荷条件 50Ω (VCC-2.0v) 100Ω 50Ω (VCC) 50Ω 15pF
電源電圧 [VCC] (V) +1.8V±5%
+2.5V±5%
+3.3V±10%
Enable/Disable機能 Enable Low
Enable High
None
周波数可変範囲 Min. ±50×10-6~Min. ±250×10-6から選択
動作温度範囲   (°C) -40 to +85
保存温度範囲   (°C) -55 to +125
周波数変化極性 正極性 または 負極性
総合周波数許容偏差 (*1)
狭偏差品
通常品
Max. ±10×10-6
Max. ±20×10-6
Max. ±50×10-6
位相ジッタ (fs) (12kHz~20MHz)
狭偏差品
通常品
  (VCC=+3.3V, LVPECL)
156.25MHz, VC=150×10-6
Typ. 190 Typ. 151
(VCC=+3.3V, LVPECL)
622.08MHz, VC=100×10-6
Typ. 197 Typ. 156
(VCC=+3.3V, LVPECL)
2096MHz, VC=100×10-6
Typ. 161 Typ. 130
(VCC=+3.3V, LVPECL)
156.25MHz, VC=100×10-6
Typ. 183 Typ. 156

*1. 総合周波数許容偏差には、周波数温度特性、初期偏差、周波数帯電源電圧変動特性、長期周波数安定度(10年)を含みます。

外形寸法

*Single / Dual
NV5032Sマルチモード(Single, Dual) 外形寸法

*Quad / Any Rate
NV5032Sマルチモード(Quad, Any Rate) 外形寸法

お問い合わせ方法

当製品のお問い合わせ・ご発注の際には、以下の方法にて仕様をお知らせください。それ以外の仕様をご要望の場合は、別途お問合せ下さい。

NV5032S[]お問合せ方法

アプリケーションノート

概要使用上の注意製品の形名について

 


 

Copyright© 1997- NIHON DEMPA KOGYO CO., LTD.