NDK 日本電波工業株式会社

 

サイト内検索

 

[PDF ]

NT2016SA (携帯電話向け)

特長

  • 低電源電圧対応品です。(DC+1.7V ~ +3.3V 対応可能。標準仕様品:+1.8V)
  • 高さMax. 0.8mm、体積0.0022 cm3、重量0.008 gと超小型・軽量です。
  • AFC(周波数制御)機能付きです。
  • 低消費電流です。
  • 表面実装対応品です。(リフローソルダリング対応可能)
  • 鉛フリーの製品です。また、鉛フリーはんだのリフロープロファイルにも対応します。

NT2016SA外観写真

  • RoHS compliant
  • Pb Free
 

仕様

形名
NT2016SA
公称周波数範囲 (MHz) 10~52
標準周波数 (MHz) 16.368 16.369 19.2 26 33.6 38.4 52
パッケージサイズ
(L×W×H : mm)
2.0×1.6×0.8
電源電圧 (V) +1.8
負荷インピーダンス (pF) 10kΩ//10pF
消費電流 (mA) Max. 1.5 Max. 1.7 Max. 2.0
出力電圧 Min 0.8V (p-p) (DC重畳*1)
周波数温度特性 Max. ±2.0×10-6
動作温度範囲(*2) (℃) -30 to +85
保存温度範囲 (℃) -40 to +85
周波数対電源電圧変動特性 Max. ±0.2 ×10-6/+1.8V±5%
周波数対負荷変動特性 Max. ±0.2 ×10-6/ (10kΩ//10pF)±10%
長期周波数安定度 Max. ±1.0 ×10-6/year
周波数可変範囲 ±8.0×10-6~±13.0×10-6/+0.9V±0.8V
仕様番号 NSA3508A NSA3508A NSA3508A NSA3508B NSA3508B NSA3508C NSA3508D

掲載しております標準仕様品のお問い合わせ・ご発注の際には、「形名」「周波数」及び「仕様番号」をお知らせください。
それ以外の仕様をご要望の場合は、別途お問い合わせください。

*1. 本水晶発振器には、DCカット用コンデンサを内蔵しておりません。発振器出力ラインにDCカットコンデンサ(1,000pF)を接続し、ご使用ください。
*2. 仕様特性を満たすことが出来る周囲温度範囲です。

※周波数設定条件
  常温(+25±2℃)にて行っております。
※AFC(周波数可変)機能無しも対応可能ですので、ご要望の際には別途ご相談ください。

外形寸法

NT2016SA 外形寸法

アプリケーションノート

概要使用上の注意表面実装(SMD)製品の形名についてテーピング梱包について

 


 

Copyright© 1997- NIHON DEMPA KOGYO CO., LTD.