日本語サイトトップ > 製品・技術情報 > 超音波プローブ (探触子)

超音波センサとは 詳細ページ


超音波プローブ (探触子)

NDKは医療機器製造業の許可取得メーカーです

RoHS compliant

センサの役割を担うプローブは超音波を発生するとともに、はね返ってきた超音波を探知する非常に大切な部分です。 プローブの持つ周波数帯域・特性等の性能や、圧電材・音響整合層・音響レンズ等のプローブそのものの構造が、装置全体の性能や 画質に大きく影響します。
NDKでは、様々な用途・目的に合わせたプローブをご用意しているとともに、お客様の装置に合わせたカスタム設計も行っております。
また、医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO13485:2003」の認証も取得しており、 医療機器に求めらる安心・安全かつ高品質な製品をお届けいたします。


主な用途

NDKのカスタム設計は・・・

1,500種類以上を開発してきた豊富な経験・実績に基づいて、設計から試作まで対応いたします。


標準製品

断面画像用プローブ

プローブ形状 特徴 使用例 中心
周波数
素子数 曲率 主な製品例

リニア型
   

接地表面付近の視野幅を
大きくとることが可能。

  • 血管系診断
     ・頸動脈
     ・動脈硬化早期発見のための
      IMT計測、FMD検査
  • 静脈穿刺、血管描出ガイド
  • 乳腺・甲状腺
  • 腱、関節診断
  • 術中、ラパロ
  • 健康や体力管理、ロコモ対策のための体脂肪、筋肉の厚さ測定
  • 光超音波イメージング、超音波速度変化イメージング
  • 金属やコンクリートに発生する亀裂探知
2.5MHz
|
15MHz
64ch
|
256ch
-
7.5MHz
リニア
(アレイモジュール)
Sample Data
(プローブ)
Sample Data
10MHz
リニア
(アレイモジュール)
Sample Data
(プローブ)
Sample Data
13MHz
リニア
(アレイモジュール)
Sample Data
15MHz
リニア
(アレイモジュール)
Sample Data

コンベックス型
   

ある程度の接地面で、
深部での広角の観察が可能。

  • 腹部診断
  • 経膣・経直腸診断
  • 臓器内観察
2.5MHz
|
7.5MHz
64ch
|
192ch
5R
|
80R
3.5MHz
コンベックス
(アレイモジュール)
Sample Data
(プローブ)
Sample Data
3.5MHz
コンベックス
(単結晶)
(アレイモジュール)
Sample Data
6MHz
コンベックス
(アレイモジュール)
Sample Data

セクタ型
   

接地面が極めて小さい。
浅部の視野には狭いが、
深部にいくにしたがい
扇状に広い視野の観察が可能。

  • 心臓診断
  • 経食道診断
  • 腹部診断
  • 脳診断
2MHz
|
7.5MHz
32ch
|
128ch
-
2.5MHz
セクタ
(アレイモジュール)
Sample Data
(プローブ)
Sample Data

シングル型
   

A) 距離計測測定。

     流体のドプラ計測。


B) 機械的に回転させ、
B画像を得ることが可能。

  • 眼科用診断
  • 経食道診断
  • 経膣・経直腸診断
  • 経尿道診断
  • ドプラ血流測定
2MHz
|
22MHz
- -
7.5MHz
シングル
(アレイモジュール)Sample Data
20MHz
シングル
(アレイモジュール)Sample Data

3次元画像用プローブ

プローブ形状 特徴 使用例 中心
周波数
素子数 曲率 主な製品例
(プローブ)

リニア型

リニアスキャン方式のリアルタイム3Dプローブ。
ワイドなフットプリントで、近距離から広い視野をみることが可能。

  • 乳腺や甲状腺、頸動脈などの血管系診断
7.5MHz
|
11MHz
128ch
|
192ch
-
メカニカル3D
8MHz リニア
Sample Data

コンベックス型

広い視野角を持つリアルタイム3Dプローブ。
広い面積のプローブヘッドは深部スキャンに有益。

  • 腹部診断
3.5MHz
|
6.5MHz
128ch
|
192ch
40R
メカニカル3D
4.5MHz
コンベックス
Sample Data

TV型

広い視野角を持つリアルタイム3Dプローブ。
長くて小さいプローブヘッド形状は体空内用として有益。

  • 経膣・経直腸診断
6MHz 128ch
|
192ch
10R
メカニカル3D
6MHz
TV
 

周波数と分解能

高い周波数のプローブは、分解能の良い鮮明な画像を得ることができます。但し、深部まで超音波が届きにくいため、プローブから遠い部分の画像が不鮮明になります。
逆に、低い周波数のプローブは、分解能が低く粗雑な画像ですが、深部まで超音波が届きやすく、撮像範囲が広い特長をもっています。
このように使用するプローブの周波数により、観察可能な深度や分解能が決定されます。

周波数 分解能 透過力 測定可能深さ
高い 細かい 弱い 浅い
低い 粗い 強い 深い

※品名・仕様は、改良のために予告なく変更、あるいは製造を中止することがあります。