日本語サイトトップ > 製品技術情報 > アプリケーションノート > クロック用水晶発振器

クロック用水晶発振器(2700シリーズ)

鉛フリーはんだ付け条件例(赤外線ソルダリング)

●はんだ付け条件
条件によっては、製品の特性の劣化を招く場合がありますので、下記条件にてご使用下さい。
 *260℃以下10秒以内または230℃以下60秒以内のいずれか。
●衝撃性
衝撃に強く (硬質木板上75cm3回又は29,400m/s² 半波正弦波X,Y,Z方向各3回保証) 設計されておりますが、誤って製品が落下した際は、再測定(発振チェック)をして下さい。
●洗浄
超音波洗浄は可能ですが、条件によって振動子が共振破壊される可能性がありますので、ご使用される前には、必ず貴社にてご確認下さい。
●その他
 ・CMOSを使用しておりますので、静電気に対しては通常のCMOSIC同様十分な御注意をお願い致します。
 ・#2端子(GND)はグランド端子ですので、#4端子(VCC)と間違って逆電圧を加えると内部破壊を起こすことがありますので、端子接続は確実に行って下さい。


保証項目

2700シリーズの環境及び機械的特性に関しては、下記の試験項目を適用し保証致します。

No. 試験項目 条  件 規  格
1 熱衝撃試験 -40~+85℃(各30分)を1サイクルとして100サイクル *1
2 高温高湿試験 温度+85℃、湿度80~85%にて、500時間(非動作) *1
3 85℃エージング 85℃(非動作) 720時間 *1
4 振動試験 全振幅1.52mm又は196m/s²、周波数10~2000Hz、対数掃引往復時間20分を直交3方向各4時間(合計12時間) *1
5 衝撃試験 衝撃加速度29,400m/s²、衝撃時間0.3ms、半波正弦波を直交3方向各3回 *1
6 自然落下試験 硬質木版上に75cmの高さより3回落下 *1
7 はんだ付け試験 230±5℃のはんだ槽に3.5±1秒間浸漬 はんだ付け部の95%以上がはんだで覆われている事
8 はんだ耐熱試験 余熱180±10℃ 90±30秒、ピーク温度260±5℃(Max 10秒)、(230℃以上 30±10秒)でリフロー3回実施 *1

(*1) 上記試験の後、電気的特性規格を満足し、更に上記試験前後のFの変化量は、ΔF/F≦±10×10-6を満足すること。
   電気的特性規格とは下記項目の仕様規格を言う。
   (消費電流、Tr/Tf、VOL/VOH、波形シンメトリ、スタンバイ時消費電流、スタンバイ機能)


パッケージ表示方法

出力周波数の表示は、スペースの関係上、小数点を含め6桁となります。
[例]14.31818MHz → 14.318