リスク管理

リスク管理の推進

NDK管理本部長を委員長とし、総務、人事、品質保証、営業、調達、法務などの部門長を委員とするリスク管理委員会を設置し、各部門と連携してリスクの未然防止と損害を最小限に抑える体制の構築を推進し、またリスク管理委員会にてNDKグループ全体の横断的なリスク管理を行い、子会社のリスク管理状況も含めたモニタリングを行うようにしております。

事業等のリスク

NDKグループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは以下の通りです。

NDKグループ事業の拡大 情報管理に関するリスク
競争激化のリスク 自然災害や突発的事象発生のリスク
各国の公的規制 為替変動のリスク
仕入先等に関するリスク 知的財産・製品の欠陥等のリスク
人材に関するリスク 貸倒れリスク
環境汚染に関するリスク 財務経理上のリスク

事業継続計画基本方針

はじめに

NDKグループは、大規模地震や工場火災、新型インフルエンザ、サイバーテロ等、大きな災害が発生した場合において、従業員および地域の方々の安全を守り、重要事業を継続させ、お客様、取引先、従業員、地域への方々への責任を果たすため、事業継続計画を策定し、継続的に改善することにより、事業継続能力の向上に努めます。

社員行動原則

緊急事態発生時において、企業および個人としての社会的責任を果たす為、社員の行動原則(行動の優先順位)を以下の通りとします。

<安全確保>
社員、社員の家族、来社しているお客様等の安否の確認を行い、各人の安全確保を第一優先に図る。

<地域社会の安全確保・復旧活動への協力>
地域社会の安全確保・復旧活動に最大限の協力を行う。

<安全確保>
自社の被害を最短で確認し、顧客の要望に合わせて業務を継続すると共に、早期に復旧する。

事業継続に関する基本方針 ~重要業務の継続~
緊急事態発生時において、次の3業務を重要業務とし、経営資源(人・モノ・金・情報)を必要に応じて振り替え、これら重要業務の継続を最優先に取り組みます。

  • 物流業務(業務、営業)
  • システム維持と技術データの保存業務(情報システム、技術)
  • 生産・調達業務(製造、生産管理、購買、品質保証)

コロナウイルスへの取り組み

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大する中、当社グループでは、従業員、取引先の健康と安全を確保するとともに、重要事業を継続させることを最優先事項としております。具体的には、在宅勤務や時差出勤の活用、出張・会食規制、除菌、換気、加湿器の設置、食堂や職場におけるレイアウト変更・衝立の設置、従業員の私的な行動における自粛要請などを行っております。

arrow_upward