労働安全衛生への取り組み

NDKグループは、創業理念「お客様への奉仕を通じて、社会の繁栄、世界の平和に貢献する。」、企業理念「世界のトップ・メーカーとしての使命と責任を自覚し、常に業界をリードする。」に基づき、高い倫理観をもって社会的責任を果たすべく、労働安全衛生、サプライチェーンCSR、社会貢献等に取り組んでおります。

労働安全衛生への取り組み

NDKグループは、創業理念である「お客様への奉仕を通じて、社会の繁栄、世界の平和に貢献する。」や、経営理念である「失敗を乗り越え困難に挑戦し、自己開発する人材の育成をはかる。」「仕事を通じて、人格の高揚をはかる。」「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、労働、安全衛生に関する法令等を遵守するとともに、社員が心身ともに健康かつ安全に、その能力を十分に発揮しながら、働くことのできる職場環境の形成を目指し、その継続的な改善を図っていきます。

(1)児童労働

NDKグループは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、児童労働を禁止しています。

(2)強制労働

NDKグループは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、強制労働の禁止に向け、真摯に取り組んでいます。

(3)健康と安全

NDKは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、社員が健康で安全に働けるよう、安全衛生関連法令とそれに基づく社内規程の遵守、安全衛生教育、安全点検、震災訓練の実施などの対策を講じています。
また、社員が心身の健康を維持しながら能力を十分に発揮できるよう、定期的な健康診断の実施、提携病院の医師による健康相談会の実施、メンタルヘルスチェックなどに取り組んでいます。さらに、手洗いうがいの推奨、消毒液の設置、マスクの配布など、職場内での感染症拡大を防ぐための対策も進めています。

(4)結社の自由と団体行動

NDKは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる」を実現するべく、原則として管理職層を除く全ての正社員で構成される労働組合と、毎月開催される労使協議会において積極的な意見交換を行っています。その他、「労使懇親会」、「NDKまつり」、「クリーン活動」などにおいて緊密なコミュニケーションをとっています。

(5)差別の撤廃

NDKグループでは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる」を実現するべく、社員の多様性、個性を尊重し、人間性と能力を重視した人材の雇用・処遇を推進しています。

(6)肉体的な懲罰等の撤廃

NDKグループは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、暴言、体罰、性的嫌がらせ、精神的・肉体的な強制等の禁止に向け、真摯に取り組んでいます。

(7)労働時間の管理

NDKは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、労働時間、休憩、休日、年次有給休暇等に関する労働基準法等の関係法令を遵守しています。また、定時後の職場巡視、年三度の大型連休(各一週間前後)の設定により、労働時間を管理し、社員が心身ともに健康な生活を送れるように配慮しています。

(8)基本的な生活を満たす報酬

NDKでは、経営理念「個人を尊重し、社員の生活の向上をはかる。」を実現するべく、報酬に関する関係法令を遵守しています。
また、経営理念「失敗を乗り越え困難に挑戦し、自己開発する人材の育成をはかる。」「仕事を通じて、人格の高揚をはかる。」を実現するべく、「自分自身に期待されている役割を十分に果たしていくこと」、「より高い役割に応えていくことができるよう、自分自身のレベルアップを図ること」といった意欲を促進する人事処遇を推進しています。

arrow_upward